交通事故の補償特約について
2017.07.26

ピンクの車自動車保険を選ぶなら、交通事故の補償特約について、きちんと確認しておいた方がいいです。自動車保険の料金ばかりにこだわると、このような重要な特約を見逃すことがあるので注意しましょう。自動車保険の交通事故の補償特約はいくつもの種類があって、例えば人身傷害補償特約があるでしょう。
これは、交通事故の際に、運転者や同乗者が事故による死傷した場合に保険金が支払われる特約で、会社によっては家族の歩行時の交通事故にも対応できることがあるので、より手厚い補償を求める場合には考えておきたい特約になります。事故の過失割合に関係なく補償されるタイプのものなら、事故が起こってしまった場合の金銭面からのリスクを大幅に軽減可能です。
また、保険会社によっては、より広範囲にわたる特約を提供している場合があって、自転車賠償責任補償特約などもあります。これは、自転車の事故においても保険料を支払ってもらえる特約で、近年、自転車事故は賠償額が高額になる傾向がありますので、自動車保険で自転車での事故も一緒にカバーするというのもよいです。
補償額も最高で1億円程度のものもあるなど、かなり大きめの金額まで対応してもらえます。自転車と同様に、原付に対しての特約もあり、自分、もしくは家族にバイクを頻繁に運転する人物がいる場合は非常に役立ってくれます。
交通事故の際には、弁護士のお世話になることも多いですが、その際の費用を補償してくれる特約もあります。主に弁護士費用補償特約と呼ばれるタイプのものなのですが、交通事故に関する様々な手続きに対して補償してもらえるので、高額な弁護士費用を気にすることなく、依頼することができます。
また、会社によってはこの特約の中に、法律相談にかかる料金までをケアを行ってくれるものもあるので、そのような場合はさらに安心できます。さらに、車両盗難に関する特約もあり、例えば車両盗難の被害にあった場合に、その際の代車費用として保険金を支払ってもらえるものです。
このように、交通事故の補償特約には、様々な特約が存在していますので、しっかりとその会社にどんな商品があるのか、を見極めた上で選ぶとよいでしょう。重複するような特約については選ぶ必要はありませんが、最低限必要だと思われるものについては、しっかりと選んでおきたいところです。場合によっては、この特約が家族の運命までを左右することもあります。

▲ ページトップへ