自動車保険会社比較ランキングTOP5

第1位 保険マイルナビ

  • 大手保険会社の保険を数多く取り扱っている

  • 保険に加入すると航空会社のマイルもたまります

  • 保険に関するお役立ちコンテンツも豊富に掲載されている

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

保険マイルナビに対するみんなの口コミ

自動車保険を新規で加入しようと思い、ネットで検索をしたところ、こちらに辿りつきました。こちらでは、保険加入と同時に航空会...
こちらを利用して自動車保険に加入しました。各自動車保険会社の特徴なども掲載されており、自分に適した自動車保険を選ぶことが...
こちらのサイトから自動車保険に加入したのですが、こちらでは保険に関するお役立ち情報も多数掲載していますので、自動車保険を...

安心出来る自動車保険を選ぶなら

航空会社で使うことが出来るマイルを、新規での自動車保険加入で貯めることが出来る保険マイルナビでは、大手企業の自動車保険を多数取り扱っており、また自動車保険以外にも様々な種類の保険が掲載されています。

第2位 おとなの自動車保険

  • 事故率が低い年代の自動車保険料が安くなっている

  • 割引プランを利用すればさらにお得に加入できる

  • 自動車保険加入後のフォロー体制も充実しているから安心

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

おとなの自動車保険に対するみんなの口コミ

自動車保険をインターネットで探していたところ、おとなの自動車保険が目に入りました。こちらでは、年代を重ねるたびに減ってい...
こちらの自動車保険契約をインターネットから申し込みました。こちらの自動車保険は過去の実績も非常に高く、顧客満足度も高いも...
こちらの自動車保険は、保険料は「走った分だけ」ということなので、あまり車に乗らない人でも安く加入をすることが出来ます。ま...

顧客満足度が高い自動車保険なら

過去の対応実績が豊富にあるおとなの自動車保険では、30年間顧客の車を支え続け、顧客満足度も89.3%という非常に満足度の高い自動車保険になっています。

第3位 SBI損保

  • 多くの契約者が納得できるリーズナブルな保険料が魅力

  • 24時間365日事故受付をしているので安心

  • 車の故障やトラブルが起きた場合でも安心出来る充実したロードサービス

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

SBI損保に対するみんなの口コミ

こちらの自動車保険に加入したのですが、保険料金も非常にリーズナブルな設定になっており、また事故などの受付も一年中やってい...
自動車保険を選んでいて、比較した時に、こちらの方が事故などのトラブルが起きた際の対応がしっかりしているという印象が強かっ...
こちらでは保険料と補償内容のバランスがとても良く、そしてトラブルが起きた場合などのサポート体制などもしっかり充実していま...

故障などのトラブル対応に重視するなら

SBI損保では、故障やトラブルが起きた場合でも、全国9580ヶ所のロードサービス拠点から現場に素早く対応してくれますので、もしもの故障やトラブルが起きた場合の対応に重視するならこちらです。

第4位 ソニー損保

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

保有契約件数が数多い自動車保険

ソニー損保は、保有契約件数が175万件を突破しており、これまでに多くの顧客から選ばれ続けています。保険料も走る分だけかかるというシステムなので、納得した上での契約が可能です。

第5位 三井住友海上

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

日本そして世界に安心を届けている

様々な自動車保険を取り揃えている三井住友海上では、保険契約数が累計430万件を越えるなど、多くの顧客から加入されています。そして国内損保最高水準の国内外ネットワークで、日本や世界に安心を届けています。

知っておきたい!自動車保険の賢い選び方

赤い車自動車保険を新規で探すなら、自動車保険の選び方を工夫することで、賢く選びましょう。賢く保険を選びたい場合は、自分の目的に応じて商品をチョイスすることが大切です。例えば、ダイレクト型と対面型のどちらを選ぶかは、コストパフォーマンスを求めるならダイレクト型を選ぶとよいです。
逆に、きめ細やかな対応を期待するなら対面型を選んでいくとよいでしょう。ダイレクト型の保険がきめ細やかな対応を期待できないというわけではありませんが、対面型ならより確実です。また、あくまでもリスク軽減を追求したいなら、補償拡大型の保険がおすすめになってきて、こちらのタイプを選ぶことによって無保険車のリスクを軽減することができます。
さらに、自動車保険には弁護士費用補償特約が存在しますが、こちらは付帯した方がよいといえるでしょう。相手方との話し合いによって事故対応を進めていく場合は、この特約があれば、非常に有利になります。逆に、この特約がないと、不利な条件で話し合いが進んでしまう可能性もあるのです。このように自動車保険の選び方には、賢く選ぶ方法がありますので、値段ばかりを比較して選ぶのではなく、その他条件についてもしっかりと吟味しましょう。

意外と知られていない自動車保険の基本的な仕組み

黄色い車自動車保険に新規で加入するなら自動車保険の基本的な仕組みを覚えておくとよいです。車の保険の料金ばかりに気をとられて、肝心の保険の基礎について知らなければ、自分にあった自動車保険選びは難しいです。
まず、自動車保険は自賠責と任意に分かれて、必ず加入しなければならないのが自賠責保険です。そして、任意保険の名前の通り、もう一方は必ず加入しなければならないわけではありません。免許を取り立ての若い人たちの中には、自賠責と任意が混同して、任意保険の存在すら知らない方もいるので、注意が必要です。
また、任意の自動車保険は、いくつかの保険に分かれていて、賠償責任、傷害補償、車両損害が大別です。そこから、賠償責任には、対人・対物賠償保険があり、傷害補償には、人身傷害補償保険、搭乗者傷害補償保険、無保険車障害保険、自損事故保険があります。車両損害には車両保険があり、単に任意の自動車保険といっても、色々な種類の保険が組み合わさったものなのです。
そして、自賠責があるのになぜ任意保険があるのかと思われる方もいるかもしれませんが、自賠責保険は死亡の場合で最大3000万円、後遺障害の場合で最大4000万円と限度額が設定されていますので、この以上の損害賠償額を補うためのものが任意保険なのです。

初心者向け!自動車保険の手続き

黒い車保険の初心者が迷ってしまうのが自動車保険の選び方に加え、自動車保険の切り替えです。初めて、自動車保険に新規加入した際には、存在しなかった手間があったりするので、今回は初心者向けに、自動車保険の切り替えの手続きを紹介します。
気になる切り替え時の等級引き継ぎについてですが、こちらは基本的に問題なく行えるようになっています。また、切り替え後の保険は、前の保険の満期日を始期にすることになるので覚えておくとよいでしょう。切り替えのタイミングを誤ると、等級に影響を及ぼす可能性があり、無事故の際の等級アップを逃してしまう可能性があるのです。
自動車保険を切り替える場合のタイミングなのですが、多くの保険会社は、保険始期日の3ヶ月前から申し込みを付け付けるのが一般的なので、このくらいの時期から手続きをスタートするとスムーズに切り替えができるでしょう。その際の手続きに必要な書類ですが、現在加入している保険の保険証券、車検証、運転免許証となっています。
現在、加入している保険会社での手続きは、自動更新の場合は解約の必要がありますし、更新手続きが必要なものについては、契約しなければそのまま終了になりますので、特に手続きをする必要はありません。

保険会社に騙されないテクニック

古い車初めて自動車保険を選ぶ場合には、保険会社に騙されてしまうのではないか。と不安になってしまう方もいるでしょう。保険会社に騙されないための保険選びにはコツがあって、まず割引などはしっかりと詳細を確認したいところです。保険会社に騙されてしまう人の典型的なパターンには、保険料がとにかく安い保険を探しているという人です。このような人は、保険の割引に飛びつきやすい人でもあって、保険料が高いのに、大幅な割引額をみて、ついつい契約してしまうのです。
保険会社によっては、割引額を考慮した上で、保険料を設定している会社もあるので、このような手口に騙されないようにしましょう。また、自動車保険にはたくさんの特約がありますが、初めて自動車保険に加入するような人は、ついつい担当者の口車に乗せられてしまうものです。後で保険について調べてみると、余計な特約をいくつも選んでいたというパターンはよくありますので、このような部分にも注意したいでしょう。必要な特約ももちろんありますが、状況に応じて、必要なもののみを厳選することは、保険会社に騙されないために必須です。このような点に注意して、契約をすれば、随分、騙される可能性は少なくなるはずです。

▲ ページトップへ